読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

odango’s diary

phoney dayo

平行と垂直と消失点。

川は灰色なものだと思っていた。

無情に流れ去ってしまう川なんかに色なんてないと思っていた。

 

おととい見た広瀬川は、予想外に深くて青い色をしていた。

突き抜ける冬晴れの空だった。

そのまっさらでまっすぐで、濁りのない空の色を広瀬側は吸い込んでいた。

 

どうしようもない気持ちを、やり切れない悔しさにがんじがらめになって、自転車で橋を渡って、毎日、広瀬川を通り過ぎる。見下ろしているのに、広瀬川が、なぜか励ましてくれてる気持になる。

 

ガタガタした山並みが作る平行線。

真っ白でまっすぐな橋の支柱が作る垂直線。

私はそこを通り抜けて消える消失点だ。