読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

odango’s diary

phoney dayo

落花生

昨日は父の誕生日だった。でも、メールも何もしなかった。

 

父は人間にも動物にも、カラスにだって優しいめちゃんこ優しい、でも自分が正しいと思ったことは曲げない自慢の父、、なのだ。

逆に母は大酒のみで子供っぽいという側面を持っていたから、何となく昔からそんな母にも優しい父に、遠慮というか、そんな気持ちがあった。嫌われたくない、父の前ではいい子でいたい、と思っていた。

でも今年、特に9月過ぎからすっごく変わった。進路のことやいろいろな問題があって、父と本気な感じでぶつかった。本気で嫌いだって思った、でも今思えば、父は心配しているだけで、私が相当我儘だったんだなって。

 

父のような人になりたい。

今の自分が嫌です。

いつも縮こまっていて、思っても間違えたり、反論されたりするのが怖くて、すぐあきらめちゃって周りのせいにしちゃう自分が本当に嫌だ。でも、自分が大っ嫌いな自分がもっと大っ嫌いだ。

みんなのこと考えて、みんなのために行動できる自分を好きになりたい。

 

親の優しさってどこから来るんだろうと考える。

血縁もそうかもしれない。手かけて、金かけて世話したから、っていうのもそうかもしれない。

でもそれ以上に、これからの社会を、良くしていってほしいって、自分だけじゃなくてみんなのことも考えて頑張れる人になってほしいっていう思いが、あるのかもしれないなって思った。

 

私は我儘でへんちくりんで、悪いとこもたくさんあって、母には両親の悪いとこだけ取った子だって言われるくらいだけど、でも、頑張って克服したいって思っています。

親だけじゃなくて、いつもみんなに感謝しながら頑張れる人になれるように頑張ります。

 

今日、父の職場の近くに行くから、そのとき落花生、あげます。

もっとスゴイのあげるべきなのかなって思うけど、父は落花生好きだから良いかなって思います。

 

今日も明日も明後日も正直しんどいことばっかです。

理不尽なことばっかです。

でもそれはとらえ方なのかもしれないし、自分がわるいからかもしれないし、勇気をもって踏み出せたら「しんどい」っていう見方から抜け出せるかもしれない。

息苦しさの殻を破って飛び出したいんです。一生懸命頑張る!